30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに California 州から遠隔勤務.

東アジアでの日本(留学生パーティにて).

留学生オフィスから通知が来た, 留学生向けの週例の軽食会に行ってきました. SMU にはまだ知合いが居ないので貴重な機会です. Fact book によると, 11,000 人の学生のうち留学生は 855人と 7% (2005年), つい先週まで在籍していた UT-Arlington のそれが 10%程度だったのと比べそんなに少ないわけではない 5% 程度だったのと比べるとむしろ割合的には多いものの, 高額な学費, 保守層のご子弟が多い, というイメージからつい留学生は少ないイメージがあります. 果たして今日のイベントの告知が留学生全員に送付されたと思われる割には参加者は 40人程度と学期の始まりの割にはやや少ないように感じました.
参加者の出身は想像どおり八割方がインド人か中国人でその他は色々. 欧州からもちらほら. 日本人はこの日は私だけ. どうも法科大学院に何人か日本人がいらっしゃるそうですが他の専攻からは目撃者は今のところゼロ. そしてやはり大学院生の方が多いように思いましたが, 意外にエンジニアリングが少ない. 原因は推測ですが高額な学費と, やはり SMU といえばビジネススクール, 法科大学院が比較的海外でも知られているので社会科学系の方が多いからかなのでしょうか. しかもエンジニアリング専攻は全員電気工学(EE)で, これもやはり工学部の中でも EE が一番名が知れているからか. ちなみに EE が高レベルなのは地元に AT&T, テキサスインスツルメンツ(TI), DELL コンピュータ等通信/ハードウェア系の大企業の本社があることと当然関係があると思われ, これは同じダラス地区にあるテキサス大ダラス校でも同じなのではと思います.
会話はやはり出身地やお互いの学業の話が多く, 日本人はやはり珍しいようで, 中にはニンジャは本当に居るのか, ニンジャは良い奴らなんでしょ?というのを真面目な顔で訊いてくる人も居ました. この手の質問を受けたというのはよく聞く話ですが, 私自身は未体験だったので, とりあえず真面目に彼らは少なくとも表向きにはもう存在しなくて, 特殊訓練を受けたアサシンだと聞いたよ, と答えておきました.
楽しかったのですが一つ, 洒落ですまないことをとある東アジア出身者の二十代後半の人に言われました. 曰く中国人も韓国人も東アジア人はみな日本人嫌いなのよ, 二年もアメリカに居るのに知らなかったの?とのこと. 彼女の主張の根拠は理由はやはり戦争やその前後の一連の事件のようです. 彼女は終始笑みを浮かべてはいたものの, この内容の話が始まる前から既に彼女の受け答えにどこか怪訝さがあるなあ, とは思ってましたが, この話が出てからは, おそらく彼女自身が日本に対して何かあるんだろうなと思いました.
それにしても, "みんな嫌い" という表現には面食らいました. 中国人にも韓国人にも友人は居ますが, 確かに戦争認識についてきちんと彼らと意見交換したことは無いし, 韓国人と日本人の学生同士が戦争やその後の問題について口論になったという話も聞くことはあります. しかし全員と言われるとね...一応パーティだし, 言葉に詰まりました. ただし, 私個人のルールとしては, 日本国に対する忠誠度合いとは別にして, 確からしいとされる歴史認識を最低限持ち続け, 必要があれば表明するのは日本に育った者として義務だと考えています. 加えて, いまでも(若者含め)憎悪を抱いてる人がいるんだという現実から目を逸らしてはいけない. その上で, 起きてしまったことを後向きに捉えるのでなく, 前向きに生きて行きねばならない. 日本では総理の発言をめぐって議論があったばかりのようですが, 今日の出来事は私に今一度認識を改めさせてくれました.