30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに California 州から遠隔勤務.

2012 年もよろしくお願いいたします.

今年も四日が過ぎました.やっとパソコンの前に鎮座する時間ができたので抱負などを.
今年は修士課程の卒業を五月に予定しており,その直後の再就職がまずは今年前半の大目標となります.昨年末までの半年間のインターンシップですっかりロボット工学とソフトウェア開発への熱が上がり,またその分野でやっていけるという自信も持ちました.米国内でのロボティクスでの就活の途は楽ではありませんが,攻めまくりです.
また今回の就職は期間限定だったインターンシップとは異なり,(誰にとってもそうでしょうが) 個人的に色々意味を持っており,今後の人生の方向を決める大事なものになります.いろいろ諦めなきゃいけないことも出てくるけれども,最優先で取り組みます.
再就職を短期的な唯一の具体的目標に掲げる*1一方,JINSEI という長期プロジェクトにおいては今年は以下の目標を掲げてみます:

  1. 毎週隔日で酒を呑む (Serious Dull からの再脱出.一月六日更新; "毎週" では効果がないとクレームが入ったため "隔日" に変更)
  2. 毎食自炊
  3. 減量 (155 lbs 切り,つまり 10 lbs 減)
  4. ハーフマラソン 90分切り

1 は意味不明でしょうね.30歳台は修行だと決めてきた結果,着実に成果は上がってることを確認できている一方,退屈な人への変身も着実に進行中です (元々退屈な人だった可能性はここでは無視!)."修行中" なら娯楽がなくとも別に気にしなくても良いじゃんとも思えますが,米国の職場や就活だとそれだと不都合を感じることも去年は多々ありました.仕事の機会を失うことすらある気がします."修行" 期も後半に来ているので,こんなこと大っぴらに言うのは恥ずかしいですが,人として (特に英語圏で) 最低限の intellectually interesting-ness を身に付けていきたいです.それにはまず酒を呑んでリラックスすること,ていうかそもそも酒を呑んでも寝ないように鍛えること,から始めたい.
2 は半年ぶりに快適な自分の部屋に戻り (California では間借り),忙しいルームメイトのために飯を作ってやるのです!自分の体重管理にも良いし.日本でおかずの本やラーメンレシピの本を買ったし (ラーメンを汁ごと自作するはチャレンジング!),アメリカ的 fusion も好きなのでそっちも少しづつ学びます.
3 と 4 は 2011年の目標だったのだがインターンに伴う環境の変化で達成できず.どっちかが達成されればもう片方も自動的に達成されるはず.



趣味のロボットも作っていきます.勉強が主目的だが,家の中の仕事をさせる狙いもあり.写真は MIT 博物館で見た Robotuna. こんな高度なのはいきなり作れませんけど.

*1:再就職が達成されればそれにより後半期には新たな短期目標が出てくるでしょうね.