30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに California 州から遠隔勤務.

ロードトリップ California -> Texas 2日目 (LA -> Phoenix, AZ)

数日前に日本から帰米したためなのか,それとも疲労なのか,寝坊がちです.今日も昨日に続き目覚めが十時を過ぎてしまい,モーテルの朝飯を逃しました.ちなみにこの半年でホテル/モーテルはけっこう数多く泊まっている方だと思いますが,常に Quality Inn を選んでいます.比較的安い割にサービスがまともで,例えばより格安の Mot*l 6 や E*ono Lodge 等に比べインターネットは安定しているし,何より朝食にワッフルが焼けるのがありがたい.それなのに二日続けて朝飯を逃して MOTTAINAI お化け.そして今日は Hollywood/Beverly Hills 目鼻先だったので観光がてらジョギングするつもりだったのだが,時間がなくてそれも叶わず.
この日は LA からアリゾナ州のフィニックスへ東へ一路.朝食抜きで向かった先は,ハリウッドからほぼ真東の方向にあるパサデナ市のカリフォルニア工科大学Caltech二年前訪れた際にお世話してくれた友人達とランチを共にしました.彼も私も大学院卒業を間近に控えることもあり就活談義に終始し,忙しい中を縫って合流してくれた彼のガールフレンドも転職後で経験談を豊富に持っていたこともあり,結局二時間以上に渡りほぼ就活話で終了.有益な情報交換でした.留学後半期を迎えた学生あるいは学位取得後就職した人達が集まると,この手の会話になるのは普通なのかも知れないですね.ちなみに Caltech,"西海岸の MIT" と呼ばれるトップ校ですが,学生総数は 2,000 人前後しかいないらしく,しかしその割に学食はメニューが豊富.サンドイッチやイタリアン,中華,インドに加え,菜食主義者用のメニューすら置いてました.

トップ研究機関の人々は食事の際にも計算を厭わない.
菜食 (vegan, 肉だけでなく卵や油脂も摂らない方達) 者向けメニューを取ってみた.写真ではわからないがかなりの量.ティラミスも付けて $10 ちょっと.手が込む Vegan ということを考えると安いと言うべきか.写真が下手なので,不味そうに見えたらすみません,美味しかったす.
Phoenix に向かう間にいつの間にか日は沈み済み.昨日の シリコンバレー -> LA に続いて周りは牧場や田畑すらない単なる未使用の原っぱらしく,真っ暗でした.月灯りがなんと眩しいことよ.途中,街でもない場所に煌々と灯りが灯っている敷地がありましたが,後で調べたら Chuckawalla Valley State Prison という刑務所だった模様.灯りあんなにつけて何やってたんだろう?ちなみにこの刑務所 (ここに限らないのかもしれないが) 刑務所オフィスのツアーをやっている様子."Clearance" (身分チェック) が一体どこまでを求めるのだろう (e.g. 米国市民のみ,とか).
夜の Road Trip は何も見えなくて退屈かと思いきや,辺りを美しく照らす月のおかげか妙にテンションは上がり目のまま,音楽なし,カフェイン無しでも眠くなったりしませんでした.真東に向かうルートの線状にちょうど上がって来てくれる月齢だったのが幸いした.そして月が上がってくる前は星がとても綺麗で,運転中に流れ星が幾つも見えました.