30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに Georgia 州から遠隔勤務.

音楽家の行動と作品

土曜に小山田氏の報道を聞いて気分がドロドロした週末が明け,氏の楽曲提供の件が色々放送/配信停止の報."デザインあ"の放送休止はすぐにでも痛い.子らだけでなく私も楽しみにしてました.番組への音楽の貢献は大きそうだけど…何とか再開心待ちです.宇都宮市出身とされるカヒミカリィがオープニングうたう版ちびまる子ちゃんも小山田氏楽曲にてネット配信停まったそう.

音楽は人となりが反映された結果産まれるものだよねと思うことにしてるので,個人的に受け容れられない過去を持つ人の作品は例え好き・既に購入済でも,再生しないようにしてます.脳内で鳴りそうなのも頑張って抑える (やり過ぎ?作品は個人と切り離れてるから良いとか色々見方はありそうですが).今回は対象のいじめ行動がティーネイジャーの頃のことということで,世に出てる作品を作っている時には既にその"事件"は起こし済で,そのような行動を起こす気持ちも,起こした時の心象も,心に持ちながら作った作品を私達は楽しんでいたことになる.ちょっと吐き気と言うか,気持ち悪くなる.

今回は御本人も認めてるし報道は真実らしく,これまで反省して行動してきた風も無い様子なので,社会人としてアウトかと.一消費者として,本来ならいつも夢見せてくれてありがとうと言いたかったのに,残念すぎる.これを機に考えて欲しい.影響・資金力に加えてアーティストとしての想像力があるはずなので,迷惑をかけた方達への影響を想像して償うこれからにしてはどうかと思います.

米スタートアップ企業で"左遷"された話

スタートアップ企業に就職してほぼ4年目経ちました.事業は好調で先日二回目の大型投資で40億円弱を確保,勢いづいていて言うことない感じです.一方自分はというと,過去1年半の間に開発部門のリーダー職から平になり,今回遂に心機一転を期すという名目で部署変えを言い渡されました.左遷と言うと閑職に就くイメージですが閑職を置く余裕はまったく無い中で,個人的には左遷と受け取ってますが,一方で1年半前に配置された上司との関係に苦労してきたので,その点では本当に気持ち入れ替え再出発です.クビになったわけではなく,ある意味貴重な体験です.


1年半前までは開発チームのリーダーとして,製品リリースを担い,他チームとの接点となるなど中間管理職的な役割でした https://j130s.hatenablog.com/entry/2020/01/19/161922.人事上のマネジャではないのでチームメンバの評価や色々な面倒を見ることはなかった.全社員もまだ30名程度だったのかな,まだチームや役割分けも曖昧さが多く残っていた.私がコードを書くことは自分の仕事時間の2割くらいしかなかったけれど,当時の記録をみると1ヶ月に200程度の Merge Request (GitHub でいう pull request.ソフトウェアの変更案) レヴュをしていたようです.小さい子2人の面倒を見ていることもチームに分かっていて,いつ寝てるのかと心配してもらえた一方,j130s のレヴュが終わらないと次のタスク行けない,と指さされたことも何度かありました.良くも悪くも開発チームの中枢でした.


事態が変わったのは1年半前.この頃からチーム構成・役割が良くも悪くもまともな企業化してきて,私が居るチームにもマネジャを置くことになり,唯一手を挙げた他チームの人がそのままマネジャに就きました.私が誰より一番長くいたチームだったのでマネジャ職に興味があるかは経営層から一応聞かれましたが,技術と寄り添って今後生きて行きたく,人事マネジャ職をうまくできる自信も興味もないためお断りしました.また,多分ですが経営陣も,私の議論や交渉能力が劣ると思っていたはずで,私が管理職やりたいとか言い出さなくて安堵したのではないかと思います.


この新マネジャ (仮に T 氏) とは何度かそれ以前に仕事をする機会があり,"Get things done" 仕事を前に進める力が凄いなと思っていました.一方技術に関するこだわりというかむしろ狭い視野と強い拘りにも気付いていて,私はうまく行かないタイプと既に感じていました.また私に意見を聞いてきた経営者も,T が強すぎる意見を持つ点を懸念していたようだったし,また当時 (も今も) 開発の中心にあるオープンソースフレームワークがあるのですが,私はそのフレームワークのコミュニティで名が知られており,社内でも当然頼りにされていましたが,異なる界隈出身の T はなんでしょう,肩身狭い思いをしてるのかはわかりませんが,敢えてそのフレームワークに対し"牙を剥く"ところがあったしもして,正直めんどくせえなこの人,と思ったのも事実.なので,この人の就任に対して NO と言うことも私は出来たのですが,前述のとおり目の前の問題を解決し仕事を前に進めることができるのは既に実証済みだったし,一方でリーダー役として私は自身の前に進める能力に不満があり申し訳なく思っていた所もありました.また,苦手なタイプだからこそ克服できるか興味がありました.なお T は体も縦にも横にも大きい白人で,狩りや釣り,強い酒が趣味,強い口調と勝ち気な性格,それらすべて偏見含めたいわゆる強い米国人タイプと勝手に思っています.これらを併せて,T のマネジャ就任を歓迎しました.


蓋を開けると予想以上にうまくいかなかったわけですが.何しろ技術的会話では主張が通らない.お互いが主張したい点を展開し合い,最善案や妥協点を見つけていくのが技術の議論と思いますが,私の出す案に反論する T の口調が強すぎ,どうしても怯んでしまいます.何度も試しました.自分も強く言う方法は,なぜか感情的になってしまい相手の口調に火を注ぎました.逆に物静かに冷静に話す方法は,うまく行けばはまりそうな手応えはありますが,英語自体や話の組み立て方に慣れと熟練が要りそうで,毎回うまくはいかなかった.そうこうしているうちに,いつしか技術の議論であまり参加してこない,と受け取られていることが判りました.私としては単に強すぎる口調に手を焼いていて,発言をしそびれていただけなのですが,発言が少ない --> 技術・設計論に関心がない,と勘違いされたか,或いは技術に対する考えの違いに嫌気がさしたのか,とにかく彼主催の設計ミーテイングに段々と招かれなくなり,また他メンバへの助言役として名指しされなくなっていきました.そうなるまでに半年とかからなかったか.


頼りにされなくなると,T が回してくるタスクがどうも優先度・重要度が低そうな作業が多くなりました.なお公平のために書くと,私は小さい子2人の面倒を見,突然仕事を休くこともたまにありました.たまに,というのは2020年は covid で,マスク着用等の学校の努力のおかげもあり子らが奇跡的に健康だったので,子らの体調を理由に仕事を休むことは月に2日も無かったはず (2020年より前はもっと頻繁だった).でも勢いあるスタートアップ,締切の要件は厳しくなる一方で,時間の融通の効く若手社員への依存が一気に増えた時期のように思います.そんなわけで重要度が低い作業が多くなり,マネジャと頻繁にやり取りするのを何故か申し訳なく思い,また個人的に好かないこともあり,密な連絡を怠りました.これが決定的にまずかった.結果として,締め切りについて誤解が起きまくり,j130s は仕事が遅すぎるという印象を持たれました.私の主張は,締め切りの共通認識が無かったということですが,にしても私から明確にしてもらうよう要求すべきだった.


といった顛末で,もう T のチームに居るのはつらすぎると思い始めて数ヶ月たち,いっぽう私生活では3人目の子を授かり (!),育児のため時短勤務中です.そこへ来て配置転換の指示.新たなチームは,品質関連なので,software engineer として張ってきた身としては,微妙です (私は品質部門の作業自動化に興味がありますが,software engineer 特にデキる人達の中に品質部門を蔑む人達がいるのも見てきたので).少なくとも,使えない奴と現マネジャに判を押されて望んでなかった部門に移されるという意味では,左遷なのかなと.
品質部門のリーダとは息を合わせて仕事してこれたと思っているし (白人,超長い髭で,最初こえーと思ったんですが,その実すごい堅実で品質部門向きな人だった),書いたように自動化で楽しめる部分はありそう.品証の心構えぜんぜん無いですが,まあやってみます.

義弟妹との関係,異文化編

米国育ちの妻と交際・結婚を経て10年以上になる.妻には妹が2人.またそれぞれに配偶者や交際相手がいる.日本で30年以上育った者として義妹弟との関係はどうか.他の家庭はわからねいけど自分の所は今の所こうだというのに触れてみる.

妻ら姉妹はとても仲が良く,地理的に離れ離れだが毎日のように Text message (電話番号に宛てて短文を送信できるサービス) や動画通話をしているし,SNS もフォローしあっている.話し込むこともあるように見える.社会問題とりわけ人権や医療に関する意識がとても高く,常識人であろうという意識が強いように各々見え,そうは言わないがお互い励まし合い・助け合いながらどこか切磋琢磨し合っている.特に他人種混合の米国では日系人として育つという文化背景を共有していることは姉妹間の繋がりを一層強くするのだろう.まあ所謂馬鹿話も多いが.食の趣味もかなり共通してそう.会えば常に話が尽きない.主張を表明する米国人らしく懸念があればはっきり伝えたりもするが,そこは姉妹ならではなのか,遠慮も多々ありそうというのは年月を経て見えてきた.傍からだけどとても好ましい関係にあるように見えるし,実際そうだろうと思う.

では異文化育ちで,姉妹にとっても外様の新参者である私との関係はどうか.私は悪くないと感じている.妻や子らと外出する時も,食事も,夕食後子らが寝た後の大人の時間も一緒.今日時点では私達夫婦だけ子供がおり (しかも3人),むしろ妹達に何度もヘルプにやって来てもらっている.CA から GA へ北米大陸横断の引越しをした時は https://j130s.hatenablog.com/entry/2020/08/23/140456,コロナ禍で在宅だったこともあり1ヶ月一緒に居てくれて引越し梱包の大半をしてくれた.今回も第三子が産まれるにあたり,甥・姪に会うのは勿論だが,出産で私達夫妻が病院に詰める際に息子達の面倒を見てくれることになっている.仕事をきちんとやることへの意識が高く,お願いしたことの完遂具合が半端ないし,必要ならもっとやるよと常々言ってもらえる.とても感謝している.そんなだから,妻は勿論のこと,私としても彼女らが助けが必要な時には優先して都合を付けないとと思っている.

わざわざ記事にするくらいだし書きたい点はある.ここ数年気付いことだが,会話がままならない.私に興味がなさそう或いは興味がないように振る舞っているのか,必要なこと以外は一切何も聞いてこない.妻と一緒にいるから会話に入れてもらえているだけと感じる.食卓で会話していても一人抜け二人抜けして私とだけ残ると私に話しかけるではなくあからさまに席を立っていく.逆に私からは話しかけるようにしているが,応答はしてくれるものの長続きしない.或いは長続きする場合は,他の姉妹に向けて会話を続行することが多い,私がその話題の口火を切ったにもかかわらずだ.また,これは米国で会う他の多くの人にも言えることだが,話している際に視線を中々合わせない.1ヶ月2ヶ月一緒にいようがそれは変わらなかった.なお注釈しておくと私は英語であまり不自由しておらず,何もしらない日本人からは英語ネイティヴ話者に見えるレベル (まあ英語は何度も泣きながら頑張ってます).愚痴になってしまったが,まあ妹達は20台後半で私は40台中盤と世代が異なれば,文化背景も違うし言語も通じるとは言え不自由さが目に付くだろう,いかに大好きな姉の夫とはいえやり難さ満載なのかも.20歳台後半独特の全能感や,これからのキャリア・生活に対峙する不安から来る張りのようなものもあるかも知れない.あと5年も経って少し良い意味で丸くなった時に義妹達とどういう関係でいられるか,長い目で楽しみにすることにしている.

在米の日本の山育ちにとって春の SNS は受難の季節

春の飯テロは沈静化したか.栃木県北の方々でも終わったので今年はいつもよりかなり早いですかね?米国では旬のたらの芽コシアブラ筍は頂けない (蒸暑くなる等気候が本州に似てるここ Georgia だと生えてるかも知れないけど,地元の百戦錬磨の爺さんとかの手ほどきなしに山菜・野草に手を出す気にはなれない) ので,好きな山菜の写真見せられるのつらい.ところが,食べられなくとも味を脳内でイメージする癖がいつしかついてることに気付いた.手に入るもので献立を真似して,味似てるかも,とか思って満足している.料理の腕を少しでも上げるにはむしろ良いのかも知れない.てことで飯テロ歓迎路線に切替え完了しました.

名の読み・アルファベットを公/法的に管理する仕組みは日本に無い?

# 名の読みは戸籍上管理されていない?

子らのためのある事で戸籍謄本が必要になり日本から送ってもらいました.コロナ禍で日本の郵政から米国への発送にも制限があり EMS 発送が不可だったとのこと,また米国側の USPS も少なくとも2020年11月の大統領選挙の前後の財政難が聞こえており,郵送は暫くかかるかなと覚悟していたら,3週間もかからずに届きました.USPS の政治利用など腹立たしいニュースはさておき,少しでも早く届けてくれる現場の皆さんには頭が下がります.

戸籍謄本を眺めてて恥ずかしながら初めて気付いたのは,名前の読み仮名がふられていない.調べたらそのとおりのようで,名の読みを法制化するのは検討中らしい (mainichi.jp) ですね.興味深い実体験も見つけました (hatena.ne.jp) .うちの長男は特に読みが独特なのでどう申請したっけ?と思ったら未管理かよ!となりました.出生届の写しをみたらふりがなは振ってありましたが,その情報は管理されてないということになるのだろうか?不思議.

# アルファベット/ローマ字読みも戸籍に管理がない?

関連して気になるのはアルファベット/ローマ字表記.戸籍にはやはり表記はありません *1.これは,読みすら管理されてないんだからまあ"当然"と理解できる*2.思いつく日本の法的文書でアルファベット/ローマ字表記が記載されてるのはパスポートですが,この申請時のローマ字は一体どうやって正当性を評価されてるんだろう???本人の申告の 日本語読み + ローマ字を事務側が何らかの方法で,うんこれは妥当!と判断してるのか.だとしたら読みもローマ字もどちらも法的に管理されてないということで正しければ,現場の判断で,妥当そうじゃね?となれば嘘でも受理されるのか??

# 米国で自らつけたニックネームと功罪

アルファベット/ローマ字表記については自分にも実際に興味があります.

米国に来て以降,ローマ字読みの名を非日本人が読む際,およそ私が理解できない読み方になってしまい,自分が呼ばれてることに気付かず苦労し (日本人で同じ思いされてる方は多いでしょう),喫緊の解決法として非日本人に馴染みある名前を付けました.渡米後13年経った今,仕事でもプライベートでもその名で通っていますが,言わばあだ名に過ぎず,落着いて考えるとちょっと問題だなと感じ始めました.

  • まず親が付けてくれた名前ではないというのはずっと気になっています.
  • あと,仕事で法的な名は仕事中遣ってる名前と全然違うということを伝えると驚かれたことが何度かあります.米国 (というかインターネット上のエンジニアのコミュニティで) では,"あだ名 + 旧性" で十数年通しており,その後婿入りしたので法的な姓も変わりましたが,仕事でもコミュニティでも "あだ名 + 旧性" を変わらず用いています.法的な名前が姓・名どちらも違うのを知って驚きを見せた人達が,どういう理由でそうだったのかは知りません.繊細な点だったので私も突っ込んで聞いてませんし,相手も危機的な意味で驚いたのでは無いと思うと理解してます (なお人事には周知済・問題ないよと了解入手済).が,特に米国だと不法入国は勿論,合法的に入国した人達をすら (2017-2021 の) 大統領が口撃する社会的背景もあり,外国人社員が法的なものと異なる名前を仕事で名乗っているということは,おや?と思われてもまあ仕方ない状況なのかな,と思います.私としても,正直同僚が困ってるわけじゃないので,解決が必要な問題というわけでは無い.

# ニックネームをやめ,本名に読みが近い名に変更する

米国での色々も判ってきたし,こういう背景でここらで仕事・生活上での名の読み,表記を元に戻すうまい方法は無いかなと思っていたところ,聖書のある登場人物の名が,私の本名を英語読みした時にほぼ同じに聞こえることを見つけました.聖書の人物の名を借りて命名するという行為が,常にその人物が持つ聖書的意味と関連付けるということになるのかどうかは,議論の余地がありそうですが,少なくとも,親が私に命名した時の意向には含まれてなかったと思います (それどころか仏寺のお坊さんに命名を依頼したとも聞いてます).しかし,実際には私は親が付けてくれたのではない名を米国で日常名乗ってるので,それと比べたら少なくとも音がほぼ実名と同じ名を名乗ることは,親の意向に近付くことになると思っています.また,名は親から頂くものという考えに依拠するとすれば意味は無いかも知れませんが,あくまで私的にはクリスチャンとなったので聖書中の名を頂けるのは嬉しい.

実現にあたり,日常使う名前だけ変えるのか,法的な名前も変えるのかは検討が更に居るかなと思います.

  • 日常名の変更ならば,最大の変更は勤務先のシステムに登録されている名前の変更,そして人々への周知です.これは勤務先や同僚に苦労がかかりますが,仕方ないでしょう.友人知人への周知も必要です.
  • 法的名称を変えると大掛かりです.ありとあらゆる行政・民間の法的登録を変更することになります.特に日米双方で行政に同じ表記を使うのが,後々の問題を防ぐために大事そうです.費用対効果が見合うのかどうかの判断が容易でない気がします.あとそもそも日本の行政が,おそらく管理してないとはいえ,一旦パスポートは現在の申告したスペリングで作ってるわけで,今後自己都合で別なスペリングを使いたいという申請を受け入れるのか不明.

名前を一つにできるのは,会話する相手によって,どっちの名前使うんだっけ,と考えずに済むのは楽そうだなあ,と思うけど.結局やらない気がするけど,案として置いておきます.

*1:"名 アルファベット" で検索に引っかかるのは,名姓でなく姓名という語順を公とするという決定 (kantei.go.jp)についてばかり

*2:米国生まれの子らに関しては,日本の行政に出生届を提出した際の捕捉資料で,米国発行の出生届原本か写しを提出してるので,アルファベットも管理しようと思えばできるはずだが,やってるかどうかは不明.

米国南部で思うアジア人差別

今住んでる Atlanta で今月起きた乱射事件が引金になり,米国在住アジア人への差別行為が増えてる事実が見えてきている (身内も侮蔑されました,しかも民意は高いと目されるカリフォルニア州バークレーという大学街で) 一方,あくまで個人的だけど,アジア人差別カテゴリに入ってるすべての事件において問題の根本が差別なわけではないんでは?という違和感が,米国アジア人当事者としてあります.仮に傷害起こす動機が人種差別だったとして,(それはいけないし反吐が出るけど) 傷害行為に及ぶ方がより重大で喫緊の問題ではないのか (なお暴力の手段として,大量傷害兵器,すなはち銃,が簡単に使用できてしまうことが文字通り致命的にヤバすぎるこの国,と思う)?なので,傷害事件でアジア人差別の疑いがあり等の報道を見る度に,メディアがまた不必要に人種差別に結びつけてないか?本当に焦点当てるべきなのはそこなの?と思うことがしばしばあります.


でも,中国人含めても国民の 6% 前後に過ぎないアジア人に対する差別的言動が存在し,ここ1年で目に見えて増えている,ということに世間の関心が高まった事自体が,大きな前進だと捉えることにします.誰かが正しい論を唱えても,関心が高くないとその論は耳に入らない,そういう世の中らしいし.それにアジア人は (英語の不自由さを抱える人も多く) 無抵抗,みたいな背景も指摘されていて,そういう所もあるだろうと思う一方でだからこそ声を上げないと,という反発心も自分の中に出てくる.なのでメディアで傷害沙汰の第二声で,アジア人対象のヘイトが,と根拠も未だ無いのに叫ぶのも,受け入れようと思う.


自分が物理的被害を受けてないから悠長な事を言っていられるのかも知れないです.でもこの国で子供3人育ててくために,自分がすぐにでもできることを考えると,関心を上げることへの貢献だと思いました.今後何をしていけるか.

 

しかも南部で.最近も,アトランタ近郊出身で極右に振り切れちゃってる下院議員が白人至上主義の旗を降って物議を醸してます.一方でアトランタの Bottoms 市長は人種差別に真っ向から対峙して気骨を見せている.アトランタ近郊は,行政区ごとに規制してることもあり,マスク着用率がかなり高いものの,少し離れると屋内でもマスクしてなかったりします.先日子らの学校候補として訪れたアトランタから1時間車でいった所にある某私立校は,案内してくれた校長先生以下目にするスタッフ全員がマスクしてなかった.信条の違いはあれど,公の場・立場でマスクをしないというのがこのご時世で成立していることに文字通り口が塞がりません.


話逸れたけど,米国でアジア人として子育てしていくことについては,姉妹で米国育ちな妻の経験もありよーく話題になります.またいづれ考えを整理したいところ.

日本語でのベビーシッター募集準備

外国で同じような需要を経験した方がいらしたらどのようにしたか教えて頂きたいです.

# 米国でのある日系人家族での日本語の需要

どこの親御さんもそうでしょうが,うちも子らの言語教育については思いが沢山あります.特に母国外で生活されてる方なら必須となる現地語以外に母国語の教育をするか否か,するならどの程度期待するか,考えることは増えるかと思います.

うちは米国以外に住むことは妻の仕事柄あまり考えにくく,子らは英語を母国語として成人するのはほぼ確定しています (勿論,親が成人まで持っていってあげらればの話...先は長い,長すぎる).いっぽう両祖母父ともに日本に居り,会うために日本に行く機会は多くなるでしょう.また私の方の親は英語をあまり話しませんし,私達は親として子らに日本文化をより理解して誇りに思ってくれると嬉しい等,日本語を身に着けて欲しいと思う動機には事欠きません.

# ある日系人家庭での日本文化教育の問題

特に国際結婚等の状況下での,幼少期からの複数言語教育は近年の研究結果等から推奨されてきているようですが (参考:babycenter.com),子供にとって母国語の習熟でも素直にはいかないのに複数言語を同時に習得するのが困難を伴うのは想像に難くないと思います.あくまで私達が見聞きしてきた例をもとに考えると,子供達の第二言語としての日本語の習得は当初思ったより遥かに難しそうです.御両親ともに日本生まれ・育ちのご家庭のお子さん達が成人してカタコトの日本語しか話さない例を何度も見てきました (なおこれには御両親自身が受けた教育レベルも必ずしも反映しないようにも思える).逆の例,つまり両/片親が日本人なご家庭のお子さんで日本語が (ある程度) 流暢な例も多く見てきたのも事実ではあるものの,親としてかなり"うまく"やらないとこれは大変そうだぞと危惧しています.

# どうのようにすると"うまく"いくのか?

各家庭により様々な意見がありそうですが,今の所うちでは次のような方向に行こうとしてます:

  • 家の中では日本語中心.子らも妻も英語の方が楽だが,できるところまで日本語でやり遂げる.ベビーシッター等子らと接する時間が長い方はできれば日本語だと尚良い.
  • 家の外で日本との接点を作る.
    • 現地の日本人コミュニティ (先祖は日本人で自分は米国育ちの所謂 "日系コミュニティ" にカリフォルニアの教会で数年所属して,とても代え難い経験をさせて頂いたが,この目的には不十分),お友達作り,イベントへの参加.
    • 日本の祖母父達を定期的に訪れる.米国では夏季休暇が多くの学校で5月末くらいから8月中旬程度までと長く,日本の学校に短期入学も認められれば時期的には可能.

夫妻の仕事,生活状況と考慮し現実的な範囲を見つつ,それぞれの想いも踏まえてこんな結論になってます.変わっていくかもだけど.

身近な成功体験にかなりヒントを得ています.妻達姉妹は,毎夏を祖母父のいた鹿児島県の島で過ごし,現地の小学校にも夏休みに入るまでは通わせてもらい,友達もいました.いわゆる日本語補習校 (土曜日終日つかって?日本の教育カリキュラムを教える.日本への帰国を検討している子息向けか) には通わない等,米国では家庭以外では日本的な接点はあまり無かったはずにもかかわらず,話し言葉としての日本語にあまり不自由しておらず英語訛もまったくありません.なにより日本文化への想いが強い.

# 課題:日本育ちのベビーシッターを募集したい

家の中での子らへの日本語の接点を増やしたく,家事面での現実的な需要と合わせて,日本育ちのベビーシッターだと嬉しいかもという想像をしています.

現地で見つけるというのも始めましたが,NY や LA,San Francisco 等一部の超大都市とは違い,私が住むのは日本人がそれほど多く住む場所ではないので,難しそうか.

日本から一年間雇用して渡航してきもらう制度の利用も検討しています.au pair という世界に広まっているベビーシッター専門の業態があり,手続きや問題解決を代行してくれて便利そうですが,仲介業者によってはホスト家庭の文化背景が応募者のそれと異ならないといけない (つまりベビーシッターとホストが日本語で会話できてしまう環境への派遣は NG) ところもある.また,Covid 渦中で来てくれるのか,依頼するのは道義的にありなのか.

au pair だとフルタイム雇用が必須となりますが,au pair 以外のオプションについてはパートタイム雇用も検討中です.いかんせん要件がまだ流動的.

 

f:id:j130s:20210121182756j:plain

友人が作ったどうぶつひらがなポスターはかなり効果的.2才児も大好きです.子ができる数年前に買っておいたけど損しなかった.