30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに California 州から遠隔勤務.

西口投手引退

しばらくバタバタしてて日本のニュース見てなかったら (というかそもそもこのブログも一年以上書いてなかったらしい),西口 (文也投手,プロ野球西武ライオンズ) 引退してました (´・ω・`).

ついぞ目の前で勝利投手になるのは見られなかった.

惜しかったのは1997年対ヤクルトのオープン戦,ホージーwに一発浴びて0-1敗戦.ちなみに同年の日シリも両チームの対戦で,直接見てないが第一戦は似た感じでテータムに一発喰らって0-1 (ヤクルト投手は後に西武で引退する石井一).観戦に行った第5戦は確か3回持たず KO だった気がします.

その後もどういうわけか私が球場で見る度にメッタ打ちでした.日公のビッグバン打線オバンドー・ウィルソンに連続場外ホームラン喰らったり..(ちなみにその試合の捕手は和田一浩).最後に見たのは2014年5月の西武ドーム対巨人,劣勢の8回に中継ぎで出てきて,球のスピードあるなあと思っていたがストライクが入らず四球の連発で最後はセペダ?に一発くらい1イニングで5失点とかで,その年の最後の登板になったはず.

世間ではやたらとノーノー/パーフェク投未遂で記録に残る投手,とかってことになってますが,西武ファンとしては20年在籍し続けた宝のような存在で (20年ぶっ通しで西武だけに居た選手って,おそらく他は伊東勤捕手くらいでは?),好調だった2011年に182勝目をその年の11勝目で挙げた時は,いよいよ200勝いくか,と思ったのでした.そこから何がどうなったか情報が限られるファンとしてはわからないんだけど,年齢と体力というのは一流選手にとっても大変な問題なんでしょうね.

初めて西口選手を知ったのは新人の年のシーズン最終盤に完投 (完封?) 勝利を収めた試合のニュース.凄い軽くて動きの大きな投球フォームに,何か得体の知れない感じを覚えました.翌年の大活躍によってファミスタでもの凄い曲がりの大きい変化球が投げられるようになってて,ゲーム上では酷使しました.1999年に松坂投手が入団しても東尾監督はエースはオツ,と言っていた通り大事そうな試合はしばらく西口でしたね.

あと,個人的には一流の活躍をした選手が脇役に回りつつもずっと現役を続けるというモデルがとても良いなあと思っていて,最近は40過ぎて脇役で頑張るかつての看板選手が多くて凄い良いと思うんですが,西口投手もまさにその口ですね.どう見ても先発型でましてや200勝が近かった彼が,勝利投手になる確率が低い中継ぎを買って出るという姿勢に,自己記録以前に野球というスポーツ・仕事に対する誇りのようなものを勝手に感じてました.