30歳過ぎから工学 vol.2

http://d.hatena.ne.jp/j130s/ から移行しました.オープンソースロボットソフトウェア技術者兼主夫. 高校・大学学部文系-->何となくソフトウェア開発業-->退職・渡米,テキサス州でシステムズ工学修士取得,しかし実装の方が楽しいと気付き縁があったロボティクス業界で再就職.現在 Texas 州内の産業用オートメーションのスタートアップに California 州から遠隔勤務.

円高と給料

"北風と太陽" みたいなタイトルですが (違うか)...
以前書いた?とおり今の仕事はインターンといって短期の仕事で,今月一杯で終わりなので,来月以降の仕事を探しています.
とある研究機関のポジションの二次審査は,幾つかの質問が文書で送られてきて,期限までに返送せよというもの (あまり経験ないスタイル) なのですが,次の質問がクセモノ:


要求する報酬額を教えてください.もしその額が我々の想定より高い場合,審査対象から外させて頂きます.なお業務結果は学術論文の一部となる他,学術的イベントへの頻繁な関わりが予想され,これらの経験は報酬とのトレードオフとして十分値すると考えています.
応募者の希望報酬額を訊いてくるのはしごく一般的ですが,今回のように先方の予算を超える額を提示した場合は問答無用で落選とされる,というのを明示的に伝えられたことはないので動揺中(・.
口頭での会話ではこれまで,やや多めの額を言って相手の反応を伺い,必要に応じて下げ,あくまで交渉可能ですというのを最後に念を押すというパターンでやってきてます.額の交渉は日本の仕事を含めこれまで殆どやってきてないので苦手です.金額より仕事の内容がどれだけ興味に近いか,を私の場合優先にしてはいますが,しかしながら希望しているロボティクス業界*1は産業として立ち上がり時期であり給与は比較的高くない.かといって年齢と経験者採用ってのを考えると極端に希望額は下げられない.
とはいえ,日本時代の額を基準に考えるのは無理があります.最後に日本で仕事した 2008 年は 120円/$ なのに対し今は 80円/$ 前後で,例えば $100K は 2008年 = 1,200万円,2012 年 = 800 万円と,400万円の開きがでる (というか 2/3 になってしまう,という方がインパクトがわかりやすいか).したがって,アメリカの人に私の以前の給料を訊かれた場合当然 US ドルで答えるわけですが,2008年当時に言っていた額に比べ今言う額は 1.5 倍であり,私の年齢のエンジニアとしてそれなりに結構な額になるので,へ〜と驚かれることになる (だから今は必要のない限りウソついて低めに言ってます,仲間との平和のため.)*2
就活の交渉では当然ですが同じ換算は使えません.通貨の違いは価値の違い,今いる国の価値基準で判断されるのは当然.だいいち生活の費用が違う.子供が居らず,病院のお世話とかにならず,NY/LA/SF 等一部の超高額都市に住まない限り,東京に比べはるかに安いので *3,給与額の日米比較は簡単ではない.また既述の通り業界の平均も比較的高くない.そういうことも考え,いまは米国での自分にとって妥当な希望額を見極めなきゃいけない段階です.
というわけで,無理矢理冒頭の出だしに結びつけると,太陽のようなはっきりした米国企業の就活において,北風のような穏やかさでじわじわと受け容れられたいです (本文とぜんぜん関係しないな).

米国の職場は金曜午後はもうお祭り状態 (?).週末の予定の話し合いとかばっかり.プログラミングツール eclipse ですら休暇を暗に主張してやがるw.

*1:ロボティクス業界と言っても大きく分けて二つあり,工場などで人の代わりや危険作業を担うといった "プロ向け" のいわゆる産業用ロボットは既に産業として成り立っています.私はそちらではなく,人の世話をしたりする消費者向けの方で,こちらは未だ業界全体として (Roomba 等ごく一部を除いて) 研究開発段階にあり,商業的に成功している製品はあまりない.

*2:ちなみに誤解の無いように捕捉しますが,当時私が高額もらってたわけでは全然なく,三十前半の日本のソフトウェアエンジニアとして極めて妥当な線だったはず

*3:ちなみに第二の故郷とも言うべき Dallas は米国内では相当に大きな経済都市ですが,生活費はとてもリーズナブルだと思います.